心地よく、おしゃれに。大人のお悩み解決服。

年齢を重ねてもずっとおしゃれでいたい──。代謝やホルモンバランスの関係で、年齢を重ねるとおのずと表れる体型やスタイルの「悩み」や「疑問」。お客様から頂いたリアルなお悩みを、ナチュランのスタッフが解決します。

今回のお悩み

背が低い私に似合うすっきりスタイルは?

<2019/12/23 更新>

背が低くて小太りですが、ふわっとゆるっと、でもすっきり見えるスタイルはありますか?(50代・女性)

ワイドもロングも怖くない!小柄さんのメリハリバランス

ナチュランでも人気のワイドパンツやロング丈のワンピース・スカート。小柄な方でも服に着られることなく、バランスよく見えるコーディネート術をご紹介します。ポイントをおさえて、旬のおしゃれを楽しみましょう。

『手首』『足首』を見せる
【ロングワンピース編】

ふわっとしたシルエットが魅力的なロングワンピースは女性の憧れ。でも、身長が低い方だと着丈やデザインのバランスで悩みますよね。肌を露出しなくても、手首や足首、どちらかを少し見せるだけですっきり。ワンピースのボリューム感が際立って女性らしい垢抜けスタイルになります。今回は小柄さんでも着やすい【110~118cm】のワンピースをご紹介。

おすすめの着こなし

ブーツから少し脚を覗かせる

タイツをはいていても、素足でも、動くと少し肌が見えるのがポイント。 脚の細い部分が見える靴を選ぶ方がよりすっきり見えます。
ワンピース着丈:116.5cm モデル身長:160cm
>詳しく見る

袖をロールアップして手首を見せる

着丈が長いワンピースほど、手首など脚以外の部分で少し肌見せするのが着こなしのカギ。前開きのワンピースであれば首開きで調整するのもおすすめ。
ワンピース着丈:119cm モデル身長:158cm
※参考商品



『足首』を見せる、『トップスをイン』する
【スカート・ワイドパンツ編】

ロングスカートやワイドパンツはショート丈のトップスと相性がよいのはご存じの方も多いと思いますが、こちらも手首・足首に加え、ウエストをアクセントにしたメリハリバランスがポイント。トップスのウエストインが苦手な方は羽織りやストールを合わせることで視線もそらされてまとまりのあるスタイルに。

おすすめの着こなし

足首のちら見せ+羽織りは開け気味で

ワンピースと同じく、スカートもロング丈は足首をわずかでも見せるのがおすすめ。縦ラインが強調されるはおりは効果的なだけでなく、前をあけるとさらにすっきり。
スカート着丈80cm モデル身長158cm
>詳しく見る

“ゆったり×ゆったり”はウエストイン

トップスも長袖で大きめ。ボトムもロングやワイド。そんなときはウエストを見せると重くなりません。抵抗がある人はフロントだけ少しインもトライしてみて。
スカート着丈:88cm モデル身長:161cm
>詳しく見る



シャツは『手首見せ』、ニットは『ほどよい首開き』
【トップス編】

実はバランスを調整しやすいトップス。ボリューム感のあるボトムスに合わせるときは少し首に開きのあるデザインを選んだり、着丈の短いものを選ぶと◎。シャツは袖をロールアップすることで着痩せ効果があるだけでなく、こなれた印象に。開きすぎず、上品な首開きのあるニットもご紹介します。

おすすめの着こなし

ジャケットは冬でもロールアップ

シャツや、シャツジャケットなどアウターの中に着るものは袖をロールアップしやすいのも魅力。旬のゆったりトップスの着こなしも楽しめます。
ジャケット着丈:68cm モデル身長:152cm
>詳しく見る

ほどよい首開きのトップスをセレクト

首の開きがあるデザインは顔まわりもすっきり見えますが、開きすぎると若づくりな印象が出てNG。やや鎖骨が出るデザインは好印象です。
トップス着丈:62cm モデル身長:152cm
>詳しく見る



小物で『視線を高い位置』に集める

すらりと見せる重要なポイントは視線を高い位置に集めること。洋服のデザインはもちろん、帽子やストールなどだけで視線を上に。存在感のあるネックレスやブローチも効果的です。下半身は軽くシンプルにまとめるのも着こなしの秘訣です。

おすすめの着こなし

長く、より高く!帽子は最適アイテム

帽子はおしゃれなだけでなく、小柄さんには強い味方。アクセサリーやストールも、長いものより高い位置にあるものが効果大。モデル身長:158cm
>詳しく見る

シンプルスタイルのアクセントに

ネックレスやイヤリングだけでなく、ブローチはナチュランでも人気のアクセサリー。顔まわりも華やかな印象になります。モデル身長:161cm
>詳しく見る



その他の【特集一覧】はこちら

特集一覧